お金を借りるとき、返済を滞納するとボコられる?

お金を借りる時に返済を滞納したらボコられてしまうのではと不安になる人もいるかもしれませんが、個人間の貸し借りでもなければそのようなことはありません。
お金を貸す側はなんのために貸すのかというと、お金を貸して利息で儲けるために貸しているわけですから、滞納されたからといってボコるようなことがあれば、ただ損をしてしまうだけです。

殴って得になるようなことがない以上は滞納をしたからと言って、ボコられるということはありません。
ボコられることがないからと言って、借金問題が解決するというわけではなく当然お金を借りるからには返済をしなければなりませんし、滞納をしたらそれなりの対応が待っているというだけの話です。

ある意味ボコられてそれで借金がチャラになるというのは、ありがたい話であり返すことが難しくなった借金をそれでチャラにしてもらえるのであれば痛いのはその時だけですから楽だといえます。
しかし、ボコられて許されるというわけではないところがお金を借りる厳しさであり、相手は暴力に訴えてくることはなくても粛々と法的な手段で回収をしてこようとするだけなので、こちらのほうが精神的には厳しいといえます。
お金を借りるときに返済が滞納したからと言ってボコられると言ったドラマのようなことは起こるものではありませんが、現実というのはもっと厳しいものであり、滞納をしてしまえば別の方向から追い込まれることになるので滞納しないように心がけることが大切です。
http://xn--t8j0gd0a9941bollv2p3sjsy9g.com/